>天界ワールドに戻る >天界通信に戻る

 

我が輩は猫ではない

我輩は、猫ではない、人間である。


悪魔に猫にされたのだ。


「そんな事ある筈がない!」と言いなさるか。


そう、ある筈がないのだ。


しかし、あってしまったのだ。


だから、その常識には、まいってしまうのだ。


この飼い主と会った時もそうだった。


我輩が一生懸命説明しても「腹が減ってるのか?」と言ってはミルクを差し出すし、違うよ、と説明しても「礼ならいいよ」と言って我輩の喉を気持ち悪くなでる始末なのだ。


どうやら、考えは人間でも言葉は「ニャー」らしいのだ。


その後も努力はしてみたが、「返事が出来る賢い猫」までがいいところなのだ。


そこで、我輩は書くことを思いついたのだ。


そして、どうにか鉛筆をくわえ、「人」という字を書いたのだ。

グッドアイディアだと思ったのだが、これがセンセーションを巻き起こしてしまったのだ。


「字を書ける猫」だそうだ。

そういう訳でこうして書いているのだが、これでもまだ「猫と人間の間をさまよう妙な存在」を抜けられないのだ。


全く、常識を打破するのは大変なことだ。


しかし、今はとっても満足しているのだ。


「なぜか?」って、そりゃあ、「ただの人間」より、「ただの猫でない」ほうが遙かに面白いからだ。

「常識」という自分本位な尺度で全てを決めてしまう「人間」って怖い存在ですね。


でも幸せを見つけられて良かったね、猫?ちゃん!

 

1

>天界ワールドに戻る >天界通信に戻る